トップページ > 愛知県

愛知県の格安宿を地域名から予約する

愛知県にある格安宿の宿泊予約情報を
お探しの方は、目的の地域を選択して下さい。

名古屋市中心部・名駅・栄の格安宿一覧へ

熱田・金山・千種の格安宿一覧へ

名古屋市郊外の格安宿一覧へ

犬山・明治村の格安宿一覧へ

一宮・清須の格安宿一覧へ

小牧・春日井の格安宿一覧へ

瀬戸の格安宿一覧へ

長久手・日進の格安宿一覧へ

津島・弥富の格安宿一覧へ

大府・東海の格安宿一覧へ

常滑・半田の格安宿一覧へ

南知多の格安宿一覧へ

三河湾の島々の格安宿一覧へ

蒲郡の格安宿一覧へ

吉良・幡豆の格安宿一覧へ

西尾・碧南の格安宿一覧へ

豊橋の格安宿一覧へ

豊川の格安宿一覧へ

渥美半島・伊良湖の格安宿一覧へ

岡崎・幸田の格安宿一覧へ

安城・刈谷の格安宿一覧へ

豊田・足助の格安宿一覧へ

鳳来寺山・湯谷温泉の格安宿一覧へ

茶臼山高原・北設楽の格安宿一覧へ




愛知県に行くなら、知多半島の半田で新美南吉『ごん狐』の世界に
国語の教科書の思い出の名作投票で常に1位となるのは、新美南吉の『ごん狐』です。新美南吉は愛知県の知多半島の半田市の生まれで、『ごん狐』の舞台もそのあたりです。

名古屋鉄道河和線の半田口駅を降り、北西方面に徒歩3分ほとで南吉の生家にたどりつけます。周囲には『ごん狐』冒頭の八幡神社や、南吉が19歳で代用教員をしていた岩滑小学校もあります。南吉は「スパルタノート」という創作ノートを作り、自作の童話を生徒に語り、童話作家としての修業をしたそうです。

新美南吉記念館は半田口駅の真西に徒歩10分ほどのところにあります。南吉の肉筆原稿や、『ごん狐』など6作品のジオラマ展示は、作品のストーリーが模型で紹介されています。伝承では、記念館に隣接する「童話の森」は『ごん狐』に登場する「中山さま」の城跡とされている所でもあります。

お出かけは、『ごん狐』の「彼岸花」が咲く、9月下旬から10月初旬がおすすめです。矢勝川の彼岸花の咲く道を、「ごん」が歩く様子を想像しながら歩いてみるルートも人気です。ふらりと一度は国内旅行で出かけてみたい場所のひとつです。

駅からの巡回バスを利用しますと、南吉の生家、新美南吉記念館、南吉の墓、図書館・博物館などを経て駅に戻れます。