国内旅行に臨む際、注意すべきポイント
楽しくてついついテンションが上がってしまう「国内旅行」。しかし、羽目を外し過ぎて痛い目をみる方が多いのも事実。そこで今回は国内旅行に臨む際、注意すべきポイントをいくつか挙げていきます。
まず1つ目は、【暴飲暴食を控えること】です。その土地土地の旬の食材を使った料理を目の前にしたら、「お腹いっぱい食べたい」と思うのが人の常。心ゆくまで料理を堪能しましょう。
しかし、度を超えた暴飲暴食の結果、消化不良で胃もたれや下痢、便秘などになってはそれこそ旅行どころではありません。旅先での食事は「腹八分目」を心掛け、万一「食べ過ぎた」と感じた時は早めに薬を飲んで休むようにしましょう。
2つ目は、【乾燥しないよう気を配ること】です。冬の国内旅行の場合、宿泊施設内や移動中の電車内などが乾燥している場合が多く、肌の乾燥や喉の痛み、風邪を引き起こす可能性があります。
なので、「マスクの着用・こまめな水分補給・のど飴をなめる・保湿クリームを入念に塗る」等の乾燥対策を心掛けましょう。さらに「部屋の中に濡れたタオルを干す・テーブルに水の入ったコップを置く」等の加湿対策も効果的です。
もし仮に「風邪っぽいなぁ」と感じたら、無理せずに風邪薬を飲んで温かくして休みましょう。
これらの注意点を頭に入れ、素敵な国内旅行を満喫して下さい。